脚本家クラス講師プロフィール

久松 真一

久松 真一

福岡県出身。

1987年より2年間、倉本聰先生が主宰する富良野塾にて脚本を学び、日本テレビの連続ドラマ「助教授一色麗子 法医学教室の女」にて脚本家デビュー。その後、横山秀夫さん原作の2時間サスペンスをはじめ、数々のテレビドラマを手掛ける。第40回日本アカデミー賞では脚本を担当した映画「64─ロクヨン 前編」にて優秀脚本賞・作品賞を受賞。

代表作

ドラマ

「玄海〜わたしの海へ〜」「逆転の夏」「沈黙のアリバイ」「テミスの求刑」「きんぴか」「帰郷」

映画

「おまえの罪を自白しろ」「64-ロクヨン- 」「きみに届く声」

担当カリキュラム

  • 研修科111期
  • 本科125期
  • 研修科112期