ドラマ

久松真一ゼミ
(月・夜 18時30分~20時30分)

書くという苦悩の先に見えてくる想像、創造することの喜びを少しでもお伝えすることができればと思います。

基本的には、脚本コンクールで求められる一時間ドラマの脚本の完成を目指します。現状一時間単発のドラマというのはほとんど放送されていませんが、ではどうしたらよいのか。その点を踏まえ、ドラマの発想、アイディア、そこからプロット、脚本と進んでいき、完成を目指します。それぞれの過程で吟味、書き直しを繰り返し、でき得る限りの高みを目指したいと思います。

私は、倉本聰主宰の富良野塾で二年間倉本聰先生に学び、その教えが根底にあり、揺るぎないものです。想像、創造。それは生きる力であり、感動です。 私が学んだそういったことをお伝えしつつ、脚本もそれぞれの個性がありますのでその個性を尊重し伸ばす、あるいは新たな個性、魅力を引き出す。他の受講生と討論し客観的な判断も大事にしながら、できるだけ一対一で向き合いたいと思います。

創造、創ることの先にある感動に、一歩でも近づいて下さい。

松本美弥子ゼミ
(月・夜 18時30分~20時30分)

私もかつて日脚連のゼミ生で、「もっと面白いものを書きたい!」「どうすれば人に伝わるのか?」と日々模索していました(今もそうです)。同じ思いの生徒さんが、その思いを少しずつでも形にしていけるよう、具体的な指導を心がけています。

授業のメインは、オリジナルドラマの指導。まずプロットを出してもらい、プロットの指導、脚本の指導と進んでいきます。各々が描きたい思いや世界観を聞きながら、どうしたらそれがドラマとして成立するのか、様々な角度でアドバイスしていきます。指導を受けて書き直すのは皆さん! 直しは大変ですが、直しを重ねてこそ力がつきます。他にミニシナリオやプロットの課題もあり、皆で読んで意見を出し合います。(課題提出は必須ではなく、自身の作品執筆が忙しい人はそちらを優先。)課題で着想を得て、自身の作品に繋げる人も多いです。

とにかく大事なのは、書き続けること――そのためにゼミを最大限に活用してください。

宮村優子ゼミ
(火・昼 15時00分~17時00分)

授業は「課題」と「作品指導」、二本柱で成り立っています。「作品指導」はゼミ生が自主執筆したシナリオやプロットを個別に指導、アドバイスするもので、「課題」は毎回出題するテーマにそって、提出された作品を全員で回覧、音読。その後意見の交換をします。本科と研修科(ゼミ)の間くらいのレベルで脚本執筆の訓練をする場、と考えてください。

コンクール審査での経験から、「アイデア(ネタ)をプロットに仕上げてゆく」「キャラクターを造り込む」という過程に、ライター志望者の致命的な力不足を感じておりましたので、その部分を鍛えることを中心に授業を進めて行きます。

合宿等のイベントはありません。なお、ゼミの連絡、原稿の回覧などはすべてネットを通じて行われます。予めご了承ください。

三上幸四郎ゼミ
(火・夜 18時30分~20時30分)

この二年のあいだに、私のゼミでは四人の生徒が公募で賞をいただきました。 そのうちの二人はその作品が放送、上演され、脚本家としてデビューしています。 さらに、その二人のうちの一人はゼミを離れ、「脚本家」の肩書きが入った名刺をつくり、おそるおそる作家としての一歩を踏み出しました。

「レースはただの競争だ。だが、勝つことは思想なのだ」 かつて寺山修司はそう言いました。

私が自分のゼミで教えているのは、まさにその「思想」です。そしてその「思想」は、公募や持ち込み、いや、それ以上にプロになってからより役にたちます。 今年もまた、できる限り生徒のみなさんの実力をつけるお手伝いをしていきます。そして、多くの人がこのゼミをステップに羽ばたいてくれることを願っています。

徳永友一ゼミ
(水・昼 15時~17時)

毎回課題を出すので、ワンシーンシナリオ(3ページ程度)を書いて来てもらいます。

それを生徒同士で読んで批評し合って下さい。オンライン受講の生徒もいるので、グループLINEを作って、授業前にワンシーンシナリオを送ってもらう形をとりたいと思います。

その他、コンクール用の作品に関しては授業時間を使って個別指導を行います。こちらも事前に作品をメールでもらいます。授業時間内に指導を終わらせるので、一人10分以内の指導になるかと思います。いきなり脚本まで書けない方や構成からじっくり見てもらいたい方は、プロットなどでも個別指導を行います。

尾崎将也ゼミ
(水・夜 18時30分~20時30分)

コンクール応募を目指し、1時間ドラマを書きます。テーマ、題材は自由。いきなり脚本を書くのではなく必ずプロットを書くことから始め、プロットも脚本も納得行くまで直しをします。時間はかかっても、発想から完成まで丁寧に指導することを心がけています。どんなペースで書くかは個人の自由。自分の提出作品のない日は必ずしも出席する必要はありません。

武田樹里ゼミ
(水・夜 18時30分~20時30分)

頭の中で面白いドラマが出来たのに書き始めた途端「こんなはずじゃない!」と叫びたくなることはありませんか。コンクールの審査をすると原稿からそんな声が聞こえる時があります。

このゼミでやるのは主に2つ。 *各自書きたい作品を個別で添削指導。成長を妨げている癖や弱点を見抜き、それぞれに相応しい課題(キャラクターを深める、既存のドラマや映画を分析する、本当に書きたいものと時代に合う題材は何かを探るetc)を出して、レベルアップを図ります。 *待ち時間にやるゼミ生共通の課題「3分シナリオ」。全員で各自の作品を共有し選ばれた作品は読み合わせをします。自分の脚本を耳で聞く、人の脚本を読む経験は勉強になります。ゼミの後は、共通メールでフォローアップします。

コンクールに出す自信がない人、たくさん書いてはいるが上手くいかず基礎力をしっかりつけたい人向けのゼミですが、最終目標はプロになることです。 頭の中のドラマを再現させるには技術が必要です。少しでも早くコツを掴めるように指導するので一緒に頑張りましょう!

岡崎由紀子ゼミ
(水・夜 18時30分~20時30分)

昨春から始まった、オンライン専門のゼミ。六本木の教室からではなく、講師の自宅から皆さんを繋いで授業を行います。

授業は、各自が定めたコンクールなどの目標に向かって、「プロット」→「プロット直し」→「脚本」→「脚本直し」と自分のペースで書いていき、それをゼミ生みんなで励まし合いつつ批評し合っていく流れで、基本的に対面形式のゼミと変わりません。他に、同じテーマでそれぞれが書いてきたミニシナリオを、みんなで読み合わせて感想を語り合う課題形式なども取り入れています。ほとんど初めて脚本を書く方も、楽しみながらミニシナリオを書くうちに、自然に書き方が身についてきます。

コロナ禍で業界の仕事の進め方は大きく変化し、実力さえあれば、世界のどこに住んでいても、脚本家として仕事が出来るようになりました。かく言う私も、昨年一月に地方に引っ越し、今は仕事の打ち合わせもほぼ100%オンラインです。

ゼミ終了後に飲み会に流れることはできませんが、オンラインの特性を生かし、密度の濃い授業を行っていきたいと思っています。

横田理恵ゼミ
(木・昼 15時00分~17時00分)

最終的な目標は、1時間のテレビドラマを書くこととしますが、まずはそこへ行くまでのプロセスを、丁寧にやっていきたいと思っています。また、毎月何かテーマを決め、プロットや短い脚本を提出してもらうつもりです。ゼミの人たちと意見を戦わせ、直しの方向を探ることも訓練の一つですので、恐れずにどんどん書いてきてください。

いとう斗士八ゼミ
(木・夜 18時30分~20時30分)

ゼミの目的は、より多くの人をプロの世界に送り出すことにあります。そのために教えることは、プロの現場で求められる脚本とはどんな脚本なのか、プロの現場での要求に応えるためにはどんな技術を身に付ければいいのか、ということです。コンクールでの入選や大賞受賞も勿論目指しますが、真の目的はその先にあります。指導は個人のレベルによって変わりますが、目指すところは一緒です。共に頑張っていきましょう。

国井桂ゼミ
(金・夜 18時30分~20時30分)

プロになることを目標に、テーマ選び、登場人物、プロット、構成、シナリオ完成までの一連の作業を個人のレベルに合わせてきめ細かく指導します。

原稿は事前にゼミ生全員にグループLINEで回覧します。マンツーマンの指導も共有することで学びを得られると思います。 また、インプットの仕方、企画書のつくり方、打合せでの心構え、メディアごと(映画・ドラマ・アニメ・小説)の違いなどもお伝えできることはなんでもお話します。どんな小さな疑問でもためらわずにぶつけてください。

山岡潤平ゼミ
(金・夜 18時30分~20時30分)

それぞれのレベルに合わせ指導をしていきます。

迷っている、つまづいている、わからない部分(脚本の細部だけでなく、テーマ探しやキャラ作り、プロット作りやハコ作りなどの基礎部分も)を、課題や解説を通し、丁寧にほぐしていきます。

基本はコンクールに出せる1時間モノを書きあげることが目標ですが、それ以外にも、現場で通用する即戦力を身につける練習もしていきます(企画書の作り方、原作のアレンジの仕方、売り込み方、打ち合わせの仕方、etc)。全12回で教えられるテクニックはすべて教えるつもりなので、新規の方に、ぜひ来ていただきたいと思っています。

ゼミの卒業生で地上波放送デビューを果たした方もいます。一人でも多くチャンスを掴んでください!!