• トップページへ
  • 日本脚本家連盟とは?
  • 脚本家と著作権
  • 活動内容
  • 組織図
  • 使用料規程
  • 管理委託契約約款
  • 信託者検索・名簿

日本脚本家連盟 > 日本脚本家連盟とは?

日本脚本家連盟とは?

日本脚本家連盟は、1966年3月1日に放送・映画・舞台等の脚本を執筆している作家の社会生活を擁護し、その経済的地位の向上をはかる目的をもって、協同組合として設立されました。

その活動は、脚本家の執筆条件・著作権使用条件の改善や福利厚生制度の充実を中心に展開されていました。

その後、1970年から次世代を担う新人作家を養成するために教育事業を開始し、現在にいたるまで数多くの脚本家を輩出しています。

1974年4月1日には、文化庁からわが国最初の脚本に関する仲介業務団体として許可を受け、脚本の著作権管理団体としての活動を開始しました。2001 年10月に仲介業務法が著作権等管理事業法に改正されると、著作権等管理事業者として届出を行い、引き続き再放送、ビデオグラム化、CATVなどの二次使用の管理を行っています。

また、視聴覚作品の流通の国際化に伴い、1965年には国際作家組合(IWG)に加盟し、1987年には著作者作曲家団体国際連合(CISAC)に加盟し、海外の著作権団体との交流を深めるとともに、国際基準に立脚した脚本家の権利擁護活動を行っています。

以上、日本脚本家連盟は、日本における脚本家の大多数が加入するわが国最大の脚本家の団体です。
 
 

■協同組合 日本脚本家連盟
 〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20
 六本木電気ビル3F

〈アクセス方法〉
東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線
「六本木駅」1a番、3番出口 徒歩3分

WGJ_map

□本部(総務、経理、ライターズスクール)
TEL 03-3404-6761
FAX 03-3479-4250
□著作権部
TEL 03-3401-2304
FAX 03-3401-7255
E-mail 
 

ケーブルテレビ事業者の皆様へ 報告書フォーマットはこちら 映像一部使用お申込み 日本脚本家連盟 スクール