スクール > 脚本家クラス > カリキュラム

カリキュラム

通常の講義とは別に、6〜8人の少人数のクラスに分かれて作品指導を行います。
半年間で1時間のドラマや番組の脚本を完成させることを目指します。
最初からシナリオを書くわけではありませんので、全くの初心者の方でもOKです。

● 毎週 木曜日 開始時間 昼14:00 夜19:00

1

脚本家入門・テーマと素材|池端 俊策/冨川 元文
脚本家とは何か。自分の書きたいものをどうやって見つけ、どんな素材からテーマを探せば良いのかを学ぶ。

2

キャラクターの作り方|林 宏司
良い脚本を作るためには、登場人物をどのように配置すれば良いのだろう。
また、登場人物達にどのような性格・設定を与えれば良いかを学ぶ。

3

ストーリーとプロット|宮村 優子
アイデアからストーリーを作っていくプロセスと、プロットの書き方を学ぶ。

4

構成とハコ書き|横田 理恵
ストーリーが決まった後、実際に脚本を書き始める前に、ハコ書きという作業がある。
ここではハコの作り方と、脚本の構成を学ぶ。

5

原稿の書き方【作品締め切り 1 】|岡崎 由紀子
ハシラ、ト書き、セリフなど、脚本には、書き方の決まりがある。
具体例を示しながら、原稿の書き方を学ぶ。

6

作品指導 1
少人数グループに分かれての作品指導。
作品指導1では、各生徒が前週に提出した ストーリーを元に、担当講師がストーリー作りをきめ細かく指導する。

7

セリフとト書き|相良 敦子
ト書き、セリフの脚本における重要性について、具体例を通して学ぶ。

8

ラジオドラマの書き方|井出 真理
ラジオドラマの発想法、脚本の書き方(テレビドラマとの違い)、言葉の工夫を学ぶ。

9

アニメ脚本の書き方|富田 祐弘
小説、舞台、実写とドラマ作りの基本は同じだが、アニメにはアニメならではの発想やテクニックがある。そんなアニメ脚本の書き方を学ぶ。

10

  劇画原作の脚本|藤森 いずみ
ドラマの脚本家は、劇画原作の世界でも活躍している。劇画原作の世界を学び、劇画原作の発想の仕方やストーリーの作り方、脚本の書き方などを学ぶ。

11

作品指導 2
少人数グループによる二回目の作品指導。
前週までに提出した作品について、担当講師が指導を行う。

12

  名作映画の分析・サスペンス映画|尾崎 将也

サスペンスドラマの作り方とは?
サスペンス映画の名作を分析し、具体的な脚本のテクニックを学ぶ。

13

名作映画のパターンを学ぶ|中岡 京平
名作映画のパターンを分析し、具体的な脚本のテクニックを学ぶ。

14

私のドラマ作法①|旺季 志ずか
脚本家はそれぞれ、自分なりのドラマ作法を持っている。
人気脚本家が語る、ドラマと脚本家という仕事について。

15

連続ドラマ〜企画から放送まで|関 えり香
連続ドラマはどのように企画され、放送されているのか?
企画の立て方から放送までの流れを学ぶ。

16

作品指導 3
少人数グループによる作品指導の三回目。
前週までに提出した作品について、担当講師が指導を行う。

17

テレビ、映画、舞台〜表現の違い【作品締め切り2 】|岡本 さとる
同じ脚本でも、テレビドラマ、映画、舞台では表現が違う。
映画と舞台について、脚本の書き方と表現方法の違いを学ぶ。

18

ドラマ作りの現場から〜プロデューサー、ディレクターの話
テレビ局のプロデューサー、ディレクターが、ドラマ作りの現場と、現場の求める脚本家について語る。

19

生徒作品実演会|徳永 友一/俳優二名
脚本を実際に演じるとどうなるのか?
作品指導3で提出した作品の中から数作を選び、男女各一名の俳優が生徒の作品を演じ、演者の立場から意見する。

20

私のドラマ作法 ②【作品締め切り 4 】|清水 有生
脚本家はそれぞれ、自分なりのドラマ作法を持っている。
人気脚本家が語る、ドラマと脚本家という仕事について。

21

作品指導 4
少人数グループによる作品指導の最終回。
前週までに提出した作品について、担当講師が指導を行う。

22

デビューまでの道のりとコンクール対策(前半)・修了式(後半)|尾崎 将也
デビューを目指すための心がけと、脚本コンクールに向けての実践的な対策を学び、教室の修了式を行う。

※都合によりカリキュラム、講師は変更になることがあります。

資料請求/見学参加のお申し込み

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合