スクール > 脚本家クラス > 校内新人賞コンクール

校内新人賞コンクール

第51回放送脚本新人賞募集要項
応募資格 脚本家教室本科、同研修科、同通信教育部、育成会に所属している受講生
作品 テレビドラマ、ラジオドラマ、アニメのオリジナル脚本
作品の長さ テレビドラマ/アニメ作品:60分もの(400字詰め60~70枚)
ラジオドラマ作品:50分もの(400字詰め50~60枚)
応募編数 1人1作品に限る。
書式等
  1. 縦書き
  2. パソコン、ワープロの場合、1ページは20字×20行にすること
  3. 個人名入りの原稿用紙は使用不可
  4. 必ずページナンバーを記入すること
  5. 必ずシーンナンバーをふること(※ラジオドラマはふる必要なし)
  6. 原稿用紙やOA用紙などで表紙をつけ、表紙の右半分に、作品ジャンル(テレビドラマ/ラジオドラマ/アニメ)を明記し、タイトルを記入する。
    左半分に本名と所属を記入。表紙以外に氏名を書かないこと。
  7. 2ページ(800字)程度の梗概、及び人物表をつけ、本文と一緒にひもで綴じること。
賞金 優秀賞 1編   30万円
佳作   2編 各10万円
寺島アキ子記念奨励賞 若干名(研修科または育成会受講料1期分)
優秀賞・佳作受賞作品は『放送脚本新人賞作品集』に掲載される。
締切 2017年3月31日(金)当日必着
送り先 〒106-0032 東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル3F
日本脚本家連盟 第51回放送脚本新人賞 係
発表 2017年7月中旬予定
著作権 作者に属する。ただし、日本脚本家連盟がその管理をする。
その他 応募作品は返却しない。また、万一の事故に備えてコピーを必ず手元に保管しておくこと。各審査員による講評は、応募者全員に送付。通信教育部と育成会の会員に限り、応募作品の添削指導を受けることができる。その際は作品指導券2枚貼付のこと。(添削原稿は最終審査終了後に返却)。

第50回放送脚本新人賞 結果発表!!

第50回放送脚本新人賞は最終審査の結果、下記の通り決定しました。

佳作(賞金10万円)
「南無! マンション坊主」(テレビドラマ) 黒須 美由記(育成会)
「その、拳」(テレビドラマ) 白石 栄里子(育成会)
「いつか壊れるその日まで」(アニメ) 山崎 亮(研修科)
第50回放送脚本新人賞最終審査対象作品(受賞作を除く)
「弁千代」(アニメ) 猪股 義浩(研修科)
「よっちゃんのおやつ」(ラジオドラマ) 金子 香緒里(育成会)
「たどりついたら、いつも雨ふり」(テレビドラマ) 清水 功太郎(研修科)

最終審査会は6月17日(金)富田祐弘教育事業委員長立ち会いのもと、脚本家クラス部長尾崎将也氏の進行により行われました。
本年度の最終審査員には、東映アニメーション株式会社 企画営業本部 企画開発スーパーバイザーの関弘美氏、株式会社共同テレビジョン 制作センター第1制作部 権利開発室担当 常務取締役の高橋萬彦氏、株式会社メディアミックス・ジャパン 取締役副社長の遠田孝一氏、東映株式会社 テレビ企画制作部 プロデューサーの中尾亜由子氏をお招きし、日本脚本家連盟 北阪昌人氏、相良敦子氏、中岡京平氏、矢島正雄氏、山田隆司氏とともに審査を行いました。

授賞式は8月27日(土)、夏期スクーリングの席上で行います。佳作受賞作は「第50回放送脚本新人賞作品集」に掲載されます。〈8月上旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途〉

最終審査員は下記の方々。

最終審査員(敬称略)
教育事業委員長 富田 祐弘
脚本家クラス部長 尾崎 将也
外部審査員 関弘美(東映アニメ)、高橋萬彦(共同テレビ)、遠田孝一(MMJ)、中尾亜由子(東映)
連盟側審査員 北阪昌人、相良敦子、中岡京平、矢島正雄、山田隆司

第49回放送脚本新人賞 結果発表!!

第49回放送脚本新人賞は最終審査の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
「金色の虹」(テレビドラマ脚本) 伊東 裕子(研修科)
佳作(賞金10万円)
「ひとつぶの祈り」(テレビドラマ脚本) 黒須 美由記(研修科)
「最後の砦」(テレビドラマ脚本)  岩崎 亜由葉(研修科)
寺島アキ子記念奨励賞(受講料1期分)
「カッパが泣いた日に」(テレビドラマ脚本) 白石 栄里子(中部支部)
第49回放送脚本新人賞最終審査対象作品(受賞作を除く)
「見上げれば、群青」(アニメドラマ脚本) 大橋 健人(研修科)
「フウスイノツカイ」(テレビドラマ脚本) 竹川 春菜(本科)
「ぬけがらのにおいを、抱いて」(テレビドラマ脚本)  荒井 遼(研修科)
「母の詫び状」(テレビドラマ脚本) 中村 春菜(研修科)
「ちいとコンビニまで」(テレビドラマ脚本) 佐藤 奈々瀬(研修科)

最終審査は6月19日(金)、富田祐弘教育事業委員長の進行のもとに行い表記の結果を得た。
外部審査員は制作局4社から招聘した。株式会社共同テレビジョン・制作センター第1制作部・執行役員・ゼネラルプロデューサーの小椋久雄氏、東映株式会社・映像本部テレビ企画制作部・プロデューサーの西平敦郎氏、東映アニメーション株式会社・企画営業本部・企画開発スーパーバイザーの関弘美氏、株式会社メディアミックス・ジャパン・取締役副社長・遠田孝一氏にお越し頂いた。日本脚本家連盟からは、鎌田敏夫氏、北阪昌人氏、相良敦子氏、中岡京平氏、山田隆司氏にお越し頂いた。

授賞式は8月29日(土)、夏期スクーリングの席上で行われる。優秀賞、佳作受賞作は「第49回放送脚本新人賞作品集」に掲載される。〈8月上旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途〉

最終審査員は下記の方々。

最終審査員(敬称略)
教育事業委員長 富田 祐弘
外部審査員 小椋久雄(共同テレビ)、西平敦郎(東映)、関弘美(東映アニメ)、遠田孝一(MMJ)
連盟側審査員 鎌田敏夫、北阪昌人、相良敦子、中岡京平、山田隆司

第48回放送脚本新人賞 結果発表!!

第48回放送脚本新人賞は最終審査の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
該当作なし  
佳作(賞金10万円)
「島へ、戻る」 (テレビドラマ脚本) 大沼 有紀(本科)
「シュウトメ学校」(ラジオドラマ脚本) 大西 里花(研修科)
寺島アキ子記念奨励賞(研修科受講料1期分)
「連想記憶チェンジ!」(テレビドラマ脚本) 村井 真也(研修科)
「野郎スイーツ」(テレビドラマ脚本) 岩島 朋未(研修科)
第48回放送脚本新人賞最終候補作(受賞作を除く)
「雨雨雨!でものちにゃ晴れ!」(テレビドラマ脚本)  山本 祐子 (本科)
「はんぺんたまご」(テレビドラマ脚本) 黒須美由記(研修科)
「愛してあげるが旗印」(アニメドラマ脚本) 前田 貴俊(研修科)
「史上最大の妻」(ラジオドラマ脚本) 佐々木 豊(研修科)
「弟との夏」(テレビドラマ脚本) 後藤 健之(育成会)

 2014年3月31日をもって締め切られた「第48回放送脚本新人賞」の応募は76編で、応募の内訳は本科から19編、研修科から50編、通信教育部3編、育成会4編であった。第1次審査を通過した作品は18編であった。以下第1次審査通過作品を掲載する。

最終審査は7月4日(金)、尾崎将也脚本家クラス部長の進行のもとに行い表記の結果を得た。
外部審査員は放送局5社から招聘した。NHKから制作局制作主幹・若泉久朗氏、日本テレビから「殺人偏差値70」をプロデュースされた佐藤敦氏、テレビ朝日から「土曜ワイド劇場」のプロデュースをされている髙橋浩太郎氏、TBSテレビから「夜のせんせい」、「ビューティフルライフ」の演出、プロデュースをされた生野慈朗氏、テレビ東京から「三匹のおっさん」、「鈴木先生」をプロデュースされた岡部紳二氏にお越しいただいた。
授賞式は8月30日(土)、夏期スクーリングの席上で行われる。受賞作(奨励賞は除く)は「第48回放送脚本新人賞作品集」に掲載される。〈8月上旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途〉最終審査員は下記の方々。

最終審査員(敬称略)
教育事業委員長  富田 祐弘
脚本家クラス部長 尾崎 将也
外部審査員 若泉久朗(NHK)、佐藤敦(日テレ)、生野慈郎(TBS)、髙橋浩太郎(テレ朝)、岡部紳二(テレ東)
連盟側審査員 鎌田敏夫、北阪昌人、相良敦子、中岡京平、山田隆司

放送脚本新人賞・ 第47回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第47回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
該当作なし  
佳作(賞金10万円)
「ベスト・パートナー」(テレビドラマ脚本) 山田 浩司(研修科)
「サーッ!」(テレビドラマ脚本) 三上 高央(研修科)
「崖っぷち」(テレビドラマ脚本) 平沢 真一(研修科)
寺島アキ子記念奨励賞(研修科受講料1期分)
「上弦の三日月の夜に」(テレビドラマ脚本) 村本かおり(研修科)
「青い鳥の笑顔」(アニメ脚本) 海保 智子(研修科)
放送脚本新人賞・第47回ドラマ部門最終候補作(受賞作を除く)
「彼女のカケラ」(テレビドラマ脚本)  田中 新吾(研修科)
「あやまち」(テレビドラマ脚本) 藤岡 文吾(研修科)
「幸せの在り処」(ラジオドラマ脚本) 大内 奈穂(通信科)

2013年4月1日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第47回ドラマ部門」の応募は51編で、応募の内訳は本科103期から8編、研修科89期から36編、通信教育部4編、育成会3編であった。第1次を通過したのは18編であった。

最終選考会は7月5日(金)に当校にて富田祐弘教育事業委員長の進行のもとに行い表記の結果を得た。
外部審査員は在京民放5社(日本テレビ・TBSテレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)から招聘した。日本テレビは「外科医有森冴子」、「離婚シンドローム」「検事霞夕子」のプロデュースをされた佐藤敦氏、TBSテレビは   「SCANDAL」「輪舞曲」「ビューティフルライフ」の演出、映画「手紙」の監督の生野慈朗氏、フジテレビは「眉山」「救命病棟24時」のプロデュースをされた中島久美子氏、テレビ朝日は、木曜9時枠「南くんの恋人」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースをされた高橋浩太郎氏、テレビ東京は、「鈴木先生」「嬢王」「モリのアサガオ」をプロデュースされた岡部紳二氏にお越しいただいた。授賞式は8月31日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われる。受賞作(奨励賞は除く)は「放送脚本新人賞・第47回ドラマ部門作品集」に掲載される。〈8月中旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途〉最終審査員は下記の方々。

最終審査員
外部審査員 佐藤敦氏(NTV)、生野慈郎氏(TBS)、高橋浩太郎氏(EX)、岡部紳二氏(TX)中島久美子氏(CX)
連盟側審査員 井出真理、岡崎由紀子、尾崎将也、金子成人、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長 富田祐弘

放送脚本新人賞・ 第46回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第46回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
該当作なし  
佳作(賞金10万円)
「たゆたうミライ、女(メ)の鳴く方へ」(テレビドラマ) 来島 淳也(研修科)
「蜜蜂の恋」(テレビドラマ) 岡田 さちこ(研修科)
「秋の風鈴」(ラジオドラマ) 山田 浩司(研修科)

2012年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第46回ドラマ部門」の応募は41編で、応募の内訳は本科101期から7編、研修科87期から30編、通信教育部1編、育成会3編であった。第1次を通過したのは18編であった。最終選考会は6月29日(金)に当校にて尾崎将也教室部長の進行のもとに行い表記の結果を得た。

最終審査員は下記の方々。外部は在京民放4社(日本テレビ・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)から、日本テレビは「女王の教室」の演出、「あぶない刑事」のプロデュースをされた大塚恭司氏、フジテレビは「眉山」「救命病棟24時」のプロデュースをされた中島久美子氏、テレビ朝日は、木曜9時枠「南くんの恋人」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースをされた高橋浩太郎氏、テレビ東京は、「上を向いて歩こう~坂本九物語」「ドラマ24嬢王」をプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただいた。

授賞式は8月25日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われる。受賞作(奨励賞は除く)は「放送脚本新人賞・第46回ドラマ部門作品集」に掲載される。〈8月中旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途〉

最終審査員
外部審査員 大塚 恭司氏(NTV)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(EX)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 岡崎 由紀子、金子 成人、中岡 京平、東 多江子
司会・進行 脚本家クラス部長 尾崎 将也

放送脚本新人賞・ 第42回芸能ドキュメンタリーアニメ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第42回芸能ドキュメンタリーアニメ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金10万円)
該当作なし  
佳作(賞金3万円)
「婆娑羅姫 BASARAKI」 永井 達哉(研修科)
寺島アキ子記念・脚本奨励賞(研修科受講料1期分)
「婆娑羅姫 BASARAKI」 永井 達哉(研修科)
「方言講座~青森県南部編~」 山口 聡美(本科)

2012年4月27日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第42回芸能ドキュメンタリーアニメ」の応募は12編で、応募の内訳は本科101期から1編、研修科88期から11編であった。第1次審査を通過したのは4編であった。

最終選考会は7月3日(火)に当校にて金谷祐子教育事業委員長代行の進行のもとに連盟員である伊東 恒久氏、元木 すみお氏、金春 智子氏の3名の審査員と協議の上、表記の結果を得た。

授賞式は8月25日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われる。受賞作(奨励賞は除く)は「放送脚本新人賞・第46回ドラマ部門・放送脚本新人賞第42回芸能ドキュメンタリーアニメ部門作品集」に掲載される。〈8月中旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途〉

最終審査員
最終審査員 伊東 恒久、元木 すみお、金春 智子
司会・進行 教育事業委員長代行 金谷 祐子

放送脚本特別新人賞 受賞作 発表!!

脚本家クラス開講100期(50年)記念・放送脚本特別新人賞は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金100万円)
「0.05mm先の楽園(エデン)」(テレビドラマ) 佐々木 月子(研修科71期修了)
佳作(賞金各10万円)
「なかったこと、にする」(テレビドラマ) 山田 浩司(研修科86期在籍)
「覆面」(テレビドラマ) 井上 美穂(研修科86期在籍)
「赤い瞳」(テレビドラマ) 石渡 早苗(研修科78期修了)

2011年3月31日をもって締め切られた「脚本家クラス開講100期(50年)記念・放送脚本特別新人賞」の応募は197編で、その応募の内訳は、在校生が93編、修了生が104編。在校生の応募の内訳は、本科99期から20篇、本科100期から3篇、研修科85期から53篇、通信教育部11篇、育成会6篇であった。

この度の「脚本家クラス開講100期記念・放送脚本特別新人賞」では、第一次審査から最終審査にいたるまで、その全ての選考過程において教室修了生であり、日本脚本家連盟の連盟員でもある、プロの脚本家の方々に審査員を務めていただいた。

最終選考会は、7月8日(金)に六本木・日本脚本家連盟スクールにて、100期記念事業委員長・清水曙美の進行のもとに行い、上記の結果を得た。最終選考の審査員は下記の方々。
最終選考会には、「ラスト・フレンズ」「神様もう少しだけ」「大奥」(フジ)を執筆された浅野妙子氏、「結婚できない男」「アットホーム・ダッド」(関西テレビ)「特命係長・只野仁」(テレ朝)を執筆された、脚本家クラス部長の尾崎将也氏、「霧に棲む悪魔」(東海テレビ)「新・示談公証人“裏”ファイル」「ザ・公証人」(TBS)を執筆された金谷祐子氏、「うなぎ」「出口のない海」(映画)「峠の群像」(NHK大河)を執筆された冨川元文氏、「凛凛と」「少年たち」(NHK)「教師びんびん物語」(フジ)を執筆された矢島正雄氏、「サトラレ」(テレ朝)「けいおん!」(TBS)「猫の恩返し」(映画)を執筆された吉田玲子氏の6名に加えて、「帰らざる日々」「螢川」(映画)松本清張特別企画「渡された場面」(テレビ東京)を執筆された、通信教育部・育成会スクーリング担当の中岡京平氏と、当日司会進行として、「明るいほうへ明るいほうへ」(TBS)「光抱く友よ」(東海テレビ)を執筆された、100期記念事業委員長の清水曙美氏の計8名にお越しいただいた。

授賞式は2012年1月末日、「脚本家クラス開講100期記念の会」の席上で行われる予定。なお、受賞作品は「脚本家クラス開講100期記念・放送脚本特別新人賞作品集」に掲載される。<8月中旬刊行予定・定価 1,000円・送料 別途

最終審査員
浅野 妙子(54期修了)、尾崎 将也(55期修了)、金谷 祐子(47期修了)、冨川 元文(30期修了)、矢島 正雄(26期修了)、吉田 玲子(60期修了)、中岡 京平
司会・進行 100期記念事業委員長・清水 曙美(37期修了)

放送脚本新人賞・ 第44回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第44回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
「僕とアイツと沈下橋」(テレビドラマ) 宮本  有(研修科)
佳作(賞金10万円)
 「風船デイズ」(テレビドラマ) 山﨑 宇子(研修科)
「少女たちの夏」(テレビドラマ) 門島 昌美(研修科)

2010年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第44回ドラマ部門」の応募は78編で、応募の内訳は本科97期から6編、研修科83期から61編、通信教育部7編、育成会4編であった。第1次を通過したのは24編、第2次通過は14編だった。最終選考会は6月30日(水)に六本木・御膳房で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行い、表記の結果を得た。

最終審査員は下記の方々。外部は在京民放5社(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)から、日本テレビ以外は昨年と同じ審査員の方にお越しいただいた。

日本テレビは「家なき子」の演出、「平成夫婦茶碗」「女王の教室」「曲げられない女」のプロデュースをされた大平太氏、TBSは「SCANDAL」「輪舞曲」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出、映画「手紙」の監督の生野慈朗氏、フジテレビは「今週、妻が浮気します」の企画、「眉山」「救命病棟24時」「虹を架ける王妃」のプロデュースをされた中島久美子氏、テレビ朝日は、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースをされた高橋浩太郎氏、テレビ東京は、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「上を向いて歩こう~坂本九物語」「ドラマ24嬢王」「同コスプレ幽霊
紅蓮女」をプロデュースされた岡部紳二氏にお越しいただいた。

授賞式は8月28日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われる。受賞作は「放送脚本新人賞・第44回ドラマ部門作品集」に掲載される。<定価 1,000円・送料 240円>

最終審査員
外部審査員 大平 太氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、金子 成人、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

放送脚本新人賞・ 第43回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第43回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
該当作なし  
佳作(賞金10万円)
「恥かきっ子の誇り」(テレビドラマ) 大杉 誠志郎(研修科)
「時には、笑みを浮かべて」(テレビドラマ) 山田 浩司(研修科)
「息子」(テレビドラマ) 水野 和宣(研修科)

2009年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第43回ドラマ部門」の応募は116編で、応募の内訳は本科95期から14編、研修科81期から76編、通信教育部16編、育成会10編であった。第1次を通過したのは55編、第2次通過は20編だった。最終選考会は7月8日(水)に六本木・御膳房で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行い表記の結果を得た。

最終審査員は下記の方々。外部は在京民放5社(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)から、昨年と同じ審査員の方にお越しいただいた。

日本テレビは「共犯者」「仔犬のワルツ」「87%|私の5年生存率」などのプロデュースを手がけた伊藤響氏、TBSは「SCANDAL」「輪舞曲」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出、映画「手紙」の監督の生野慈朗氏、フジテレビは「今週、妻が浮気します」の企画、「眉山」「救命病棟24時」「虹を架ける王妃」のプロデュースを手がけた中島久美子氏、テレビ朝日からは、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースを手がけた高橋浩太郎氏、テレビ東京からは、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「上を向いて歩こう~坂本九物語」、「ドラマ24嬢王」「同コスプレ幽霊 紅蓮女」などをプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただいた。

授賞式は8月29日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われる。受賞作は「放送脚本新人賞・第43回ドラマ部門作品集」に掲載される。<定価 1,000円・送料 240円>

最終審査員
外部審査員 伊藤 響氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、田上 雄、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

放送脚本新人賞・ 第42回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第42回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
該当作なし  
佳作(賞金10万円)
「そして雨のあとに」(テレビドラマ) 田原 雅仁(研修科)
「身代わり屋出没っ!」(テレビドラマ) 山﨑 宇子(本科)
「恋風にゼンマイ巻いて」(テレビドラマ) 杉本 和哉(研修科)

2008年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第42回ドラマ部門」の応募は135編で、応募の内訳は本科93期から25編、研修科79期から81編、通信教育部15編、育成会14編であった。 第1次を通過したのは64編、第2次通過は24編だった。

最終選考会は7月16日(水)に六本木で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行い表記の結果を得た。最終審査員は下記の方々。外部は在京民放5社(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)から、日本テレビ以外は昨年と同じ審査員の方にお越しいただいた。

日本テレビは「共犯者」「仔犬のワルツ」「87%|私の5年生存率」などのプロデュースを手がけた伊藤響氏、TBSは「輪舞曲」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出、映画「手紙」の監督の生野慈朗氏、フジテレビは「今週、妻が浮気します」の企画、「眉山」「救命病棟24時」「虹を架ける王妃」のプロデュースを手がけた中島久美子氏、テレビ朝日からは、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースを手がけた高橋浩太郎氏、テレビ東京からは、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「上を向いて歩こう~坂本九物語」、「ドラマ24 嬢王」「同コスプレ幽霊 紅蓮女」などをプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただいた。

授賞式は8月23日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われた。受賞作は「放送脚本新人賞・第42回ドラマ部門作品集」に掲載される。<定価 1,000円・送料 240円>

最終審査員
外部審査員 伊藤 響氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、田上 雄、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

放送脚本新人賞・ 第41回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第41回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
該当作なし  
佳作(賞金10万円)
「クルミ割るとき」(テレビドラマ) 弓野 明佳(通信教育部)
「border-line」(テレビドラマ) 本田 佳子(研修科)
「1月のバレンタイン」(テレビドラマ) 徳永 麻由美(研修科)
受賞者

(最前列左から弓野さん、本田さん、徳永さん)

2007年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第41回ドラマ部門」の応募は112編で、応募の内訳は本科91期から21編、研修科77期から61編、通信教育部14編、育成会16編であった。

第1次を通過したのは44編、第2次通過は19編だった。さらに3次審査を行い、最終候補7本を選出した。
放送脚本新人賞・第41回ドラマ部門発表!!

最終選考会は7月18日(水)に六本木で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行い表記の結果を得た。
最終審査員は下記の方々。外部は在京民放5社(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)から、日本テレビ以外は昨年と同じ審査員の方にお越しいただいた。

日本テレビは「火曜サスペンス・事件記者三上雄太シリーズ」、DRAMA COMPLEX 「河井継之助 駆け抜けた蒼龍」「伝説の秋田犬ハチ」「有吉佐和子スペシャル恍惚の人」のプロデュースを手がけた金田(かなだ)和樹氏、TBSは「輪舞曲」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出、映画「手紙」の監督の生野慈朗氏、フジテレビは「今週、妻が浮気します」の企画、「眉山」「救命病棟24時」「虹を架ける王妃」のプロデュースを手がけた中島久美子氏、テレビ朝日からは、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースを手がけた高橋浩太郎氏、テレビ東京からは、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「上を向いて歩こう~坂本九物語」、「ドラマ24嬢王」「同怨み屋本舗」などをプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただいた。

授賞式は8月25日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われた。 受賞作は「放送脚本新人賞・第41回ドラマ部門作品集」に掲載される。<定価 1,000円・送料 240円>

最終審査員
外部審査員 伊藤 響氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、田上 雄、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

放送脚本新人賞・ 第40回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第40回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定した。

優秀賞(賞金30万円)
「子別れの詩(うた)」(テレビドラマ) 板垣 宗男(研修科)
佳作(賞金10万円)
「一刀両断! さざなみ主膳」(テレビドラマ) 杉本 和哉(研修科)
「酢豚はパイン抜きで」(テレビドラマ) 焼田 真里子(研修科)
「ゆきぐにライフ」(テレビドラマ) 塩沢 香織(研修科)
「向日葵」(テレビドラマ) 林 一臣(研修科)
「困ったおばさん」(テレビドラマ) 鈴木 小百合(研修科)
受賞者写真

(右から板垣さん、杉本さん、焼田さん)

2006年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第40回ドラマ部門」の応募総数は、101編で応募の内訳は本科89期から18編、研修科75期から57篇、通信教育部12編、育成会14編でした。
第1次を通過したのは41編、第2次通過は17編。3次審査で最終候補6編に絞りました。

放送脚本新人賞・第40回ドラマ部門発表!!

最終選考会は7月19日(水)に六本木で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行い、表記の結果になりました。
最終審査員は下記の方々。外部からは在京民放5社(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)の昨年と同じ審査員の方にお越しいただきました。日本テレビは「火曜サスペンス・取調室シリーズ」「同・弁護士朝日岳之助シリーズ」のプロデュース、現在はDRAMA COMPLEX を手がける大野哲哉氏、TBSは「輪舞曲」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出の生野慈朗氏、フジテレビは「救命病棟24時」「東京ラブ・シネマ」「海峡を渡るバイオリン」「天才柳沢教授の生活」のプロデュースを手がけた中島久美子氏、テレビ朝日からは、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースを手がけた高橋浩太郎氏、テレビ東京からは、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「上を向いて歩こう~坂本九物語」、「スポパラ・ドラマ 24嬢王」などをプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただいた。

授賞式は8月26日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われました。
受賞作は「放送脚本新人賞・第40回ドラマ部門作品集」に掲載される。<定価 1,000円・送料 240円>

今回優秀賞受賞の板垣宗男さんは地方のラジオドラマコンクールで審査員奨励賞などを受賞したことがあります。佳作の杉本和哉さんは「網網家族」で第37回新人賞・優秀賞を受賞して以来の入賞です。焼田真里子さんは初めての受賞でした。

最終審査員
外部審査員 大野 哲哉氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、金子 成人、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

放送脚本新人賞・ 第39回ドラマ部門 発表!!

放送脚本新人賞・第39回ドラマ部門は最終選考の結果、下記の通り決定しました。

優秀賞(賞金30万円)
「おでんの玉子」(テレビドラマ) 吉野 洋(研修科)
佳作(賞金10万円)
「仮免教師」(テレビドラマ) 佐藤 千尋(本科)
「難破船」(テレビドラマ) 後藤 健之(育成会)
放送脚本新人賞・第39回ドラマ部門最終候補作(受賞作を除く)
『夜明けのコーヒー牛乳』(テレビドラマ) 橋本 理華(研修科)
『君の知らない横顔』(テレビドラマ) 橋本 麻希子(研修科)
『真夜中がやって来る』(テレビドラマ) 角田 昭太郎(研修科)
『マイ・スイート・太宰』(テレビドラマ) 塩沢 香織(研修科)
『Dataship(データシップ)』(テレビドラマ) 岩崎 りず(研修科)
受賞者写真

2005年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第39回ドラマ部門」の応募総数は、112編で応募の内訳は本科87期から18編、研修科71期から67編、通信教育部12編、育成会15編でした。
第1次を通過したのは59編、第2次通過は22編でした。3次で最終候補8編にしぼりました。最終選考会は7月15日(木)に六本木で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行いました。

最終審査員は下記の方々。外部からは在京民放5社(日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)の方をお招きしました。 TBS、テレビ朝日、テレビ東京からは昨年と同じ審査員の方にお越しいただいた。TBSは「オレンジデイズ」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出の生野慈朗氏、テレビ朝日からは、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースを手がけた高橋浩太郎氏、テレビ東京からは、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「松坂慶子スペシャル・パートタイム探偵シリーズ」など「女と愛とミステリー」をプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただいた。
日本テレビは「火曜サスペンス・取調室シリーズ」「同・弁護士朝日岳之助シリーズ」のプロデュースを手がけた大野哲哉氏、フジテレビからは「救命病棟24時」「東京ラブ・シネマ」「海峡を渡るバイオリン」「天才柳沢教授の生活」の プロデュースを手がけた中島久美子氏、授賞式は8月27日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われました。受賞作は「放送脚本新人賞・第39回ドラマ部門作品集」に掲載されています。<定価 1,000円・送料 240円>

今回優秀賞受賞の吉野洋さんは昨年の「臨時停車」に引き続き、優秀賞を受賞。初の快挙です。佳作の後藤健之さんは第36回の「秋に旅して」で佳作を受賞して以来の入賞です。佐藤千尋さんは久々の本科生としての受賞でした。

最終審査員
外部審査員 大野 哲哉氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、中島 久美子氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、田上 雄、中岡 京平
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

放送脚本新人賞・ 第38回ドラマ部門 発表!!

優秀賞(賞金30万円)
「臨時停車」(テレビドラマ) 吉野 洋(研修科)
佳作(賞金10万円)
「冷たい関係」(テレビドラマ) 小林 由香(育成会)
「ねぇ、ねぇ、聞いて」(テレビドラマ) 佐々木 由美(研修科)
放送脚本新人賞・第38回ドラマ部門最終候補作(受賞作を除く)
『話、聴きます。』(テレビドラマ)  渡辺 貴子(研修科)
『五月雨、五月晴れ』(テレビドラマ) 松永 昌(研修科)
『ひもなしで☆バンジージャンプ!』(テレビドラマ) 安田 浩一(本科)
受賞者写真

2004年2月20日をもって締め切られた「放送脚本新人賞第38回ドラマ部門」の応募総数は、106編で応募の内訳は本科85期から21編、研修科69期から58編、通信教育部11編、育成会16編でした。

1次審査を通過したのは56編、2次通過は24編、3次で最終候補6編に絞りました。最終選考会は7月15日(木)に六本木で教育事業委員長・清水曙美の進行のもとに行いました。

最終審査員は下記の方々。民放各局からは、従来在京民放4社(全国朝日放送・東京放送・日本テレビ・フジテレビジョン)の方をお招きして行っていましたが、本年からはテレビ東京の方にも参加していただきました。
日本テレビ、TBS、テレビ朝日からは昨年と同じ審査員の方にお越しいただきました。日本テレビは「ぼくの魔法使い」「レッツ・ゴー!永田町」「火曜サスペンス」のプロデュースや「サイコドクター」の演出を手がけた荻野哲弘氏、TBSはTBSエンタテインメントから、「オレンジデイズ」「3年B組金八先生」「ビューティフルライフ」の演出の生野慈朗氏、テレビ朝日からは、木曜9時枠「南くんの恋人」「動物のお医者さん」「最後の家族」や「土曜ワイド劇場」のプロデュースを手がけた高橋浩太郎氏。
フジテレビからは「愛し君へ」「ダイヤモンドガール」「演技者。」のプロデュースを手がけた矢吹東氏、今年から参加のテレビ東京からは、ドキュメントドラマ特別企画「北朝鮮拉致」や「松坂慶子スペシャル・パートタイム探偵シリーズ」など「女と愛とミステリー」をプロデュースした岡部紳二氏にお越しいただきました。
授賞式は8月28日、通信教育部・育成会のスクーリングの席上で行われました。受賞作は「放送脚本新人賞・第38回ドラマ部門作品集」に掲載されています。<定価 1,000円・送料 240円>

最終審査員
外部審査員 荻野 哲弘氏(NTV)、生野 慈朗氏(TBS)、矢吹 東氏(CX)、高橋 浩太郎氏(ANB)、岡部 紳二氏(TX)
連盟側審査員 尾崎 将也、田上 雄、冨川 元文
司会・進行 教育事業委員長・清水 曙美

資料請求/見学参加のお申し込み

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合