ドラマ

松本美弥子ゼミ
(月・夜 18時30分~20時30分)

私もかつて日脚連のゼミ生で、「もっと面白いものを書きたい!」「どうすれば人に伝わるのか?」と日々模索していました(今もそうです)。同じ思いの生徒さんが、その思いを少しずつでも形にしていけるよう、具体的な指導を心がけています。

授業のメインは、オリジナルドラマの指導。まずプロットを出してもらい、プロットの指導、脚本の指導と進んでいきます。各々が描きたい思いや世界観を聞きながら、どうしたらそれがドラマとして成立するのか、様々な角度でアドバイスしていきます。指導を受けて書き直すのは皆さん! 直しは大変ですが、直しを重ねてこそ力がつきます。他にミニシナリオやプロットの課題もあり、皆で読んで意見を出し合います。(課題提出は必須ではなく、自身の作品執筆が忙しい人はそちらを優先。)課題で着想を得て、自身の作品に繋げる人も多いです。

とにかく大事なのは、書き続けること――そのためにゼミを最大限に活用してください。

宮村優子ゼミ
(火・昼 15時00分~17時00分)

授業は「課題」と「創作」、二本柱で成り立っています。「創作」はゼミ生が自主執筆したシナリオやプロットを個別に批評、アドバイスするもので、「課題」は毎回出題するテーマにそって、提出された作品を全員で回覧。その後講義と添削をします。「創作」を主体とした他ゼミにくらべるとやや初心者寄り、基礎科とゼミの間くらいで脚本執筆の訓練をする場、と考えてください。

コンクール審査での経験から、「アイデア(ネタ)をプロットに仕上げてゆく」「キャラクターの作り込み」という過程に、ライター志望者の致命的な力不足を実感しておりましたので、その部分を鍛えることを中心に授業を進めて行きます。

合宿等のイベントはありません。なお、ゼミの連絡、原稿の回覧などはすべてネットを通じて行われます。予めご了承ください。

三上幸四郎ゼミ
(火・夜 18時30分~20時30分)

平成から令和にかわり、一年がたとうとしています。

この一年のあいだに、私のゼミでは四人の生徒が公募で賞をいただきました。

そのうちの二人はその作品が放送、上演され、脚本家としてデビューしています。さらに、その二人のうちの一人はゼミを離れ、「脚本家」の肩書きが入った名刺をつくり、おそるおそる作家としての一歩を踏み出しました。

「レースはただの競争だ。だが、勝つことは思想なのだ」

かつて寺山修司はそう言いました。

私が自分のゼミで教えているのは、まさにその「思想」です。そしてその「思想」は、公募や持ち込み、いや、それ以上にプロになってからより役にたちます。

今年もまた、できる限り生徒のみなさんの実力をつけるお手伝いをしていきます。そして、多くの人がこのゼミをステップに羽ばたいてくれることを願っています。

尾崎将也ゼミ
(水・夜 18時30分~20時30分)

コンクール応募を目指し、1時間ドラマを書きます。テーマ、題材は自由。いきなり脚本を書くのではなく必ずプロットを書くことから始め、プロットも脚本も納得行くまで直しをします。時間はかかっても、発想から完成まで丁寧に指導することを心がけています。どんなペースで書くかは個人の自由。自分の提出作品のない日は必ずしも出席する必要はありません。

武田樹里ゼミ
(水・夜 18時30分~20時30分)

頭の中で最高に面白いドラマが出来たのに、書き始めた途端、驚くほどつまらないものになって「こんなはずじゃない!」と叫びたくなることはありませんか。

このゼミでは、それぞれ書きたい作品を個別に添削指導します。その過程で成長を妨げている癖や弱点を見抜き、それぞれに相応しい課題(キャラクターを深める、既存のドラマや映画を分析するetc)を出して、レベルアップを図ります。 他の人を指導している間は当日に課題(3分シナリオなど)を出すのでそれをやってもらいます。

1,2本しかシナリオを書いておらずコンクールに出す自信がない人、たくさん書いてはいるが上手くいかず基礎力をしっかりつけたい人向けのゼミですが、最終目標はプロになることです。頭の中のドラマを一緒に再現させましょう!

横田理恵ゼミ
(木・昼 15時00分~17時00分)

最終的な目標は、1時間のテレビドラマを書くこととしますが、まずはそこへ行くまでのプロセスを、丁寧にやっていきたいと思っています。また、毎月何かテーマを決め、プロットや短い脚本を提出してもらうつもりです。ゼミの人たちと意見を戦わせ、直しの方向を探ることも訓練の一つですので、恐れずにどんどん書いてきてください。

いとう斗士八ゼミ
(木・夜 18時30分~20時30分)

三十数年前、私もとあるシナリオスクールに通う一生徒でした。その時、何を教えて貰ったのか、正直覚えていません。プロの脚本家の先生方が担当する講義は独学したことの確認に過ぎなかったような気がします。しかし、そこで私の脚本を読み、批評してくれた先生方のことはよく覚えています。「君はプロになれるよ」と根拠のない自信しかなかった私に確かな自信を与えてくれた先生もいれば、「俺はお前の似非ヒューマニストが大嫌いだ」と伸びきった鼻を見事にへし折ってくれた先生もいました。今、自分が先生と呼ばれる立場になって思うことは、書こうとする想いを大切にしてあげることの大切さです。ゼミの目標は長きにわたってプロの現場で活躍出来る脚本家の育成です。しかし、みんながみんなプロになれるわけではありません。プロになれない人の方が圧倒的に多いのです。それでも書き続ける気持ちだけは持ち続けて欲しいと思っています。書くことは苦しいことですが、自分を見つめることでもあると思うので。共に頑張っていきましょう。

徳永友一ゼミ
(金・夜 18時30分~20時30分)

作品を事前にメールでいただき、マンツーマン指導をします。

ゴールはコンクールに出せる作品を作ること。批評をした作品に関しては形になるまでとことん直してもらいます。

いきなり脚本まで書けない方や構成からじっくり見てもらいたい方は、プロットを書くことも可とします。プロットも同じく批評を受けたら書き直し作業を行ってもらいます。

その他、マンツーマン指導している間は、毎回テーマを決めた1シーンシナリオを持参して頂き、生徒間で批評をしあってもらっています。

国井桂ゼミ
(金・夜 18時30分~20時30分)

プロになることを目標に、テーマ選び、登場人物、プロット、構成、シナリオ完成までの一連の作業を細かく個人のレベルに合わせてきめ細かく指導します。

原稿は事前にゼミ生全員に回覧します。マンツーマンの指導も共有することで学びを得られると思います。個別指導の他、新しい企画の発想のために、テーマを決めたブレスト、プレゼンも取り入れます。 また、インプットの仕方、企画書のつくり方、打合せでの心構え、メディアごと(映画・ドラマ・アニメ・小説)の違いなどもお伝えできることはなんでもお話します。どんな小さな疑問でもためらわずにぶつけてください。 コンクール入選のみならず、デビュー、さらには長く書き続けていくことのできる脚本家を目指しましょう!

山岡潤平ゼミ
(金・夜 18時30分~20時30分)

それぞれのレベルに合わせ指導をしていきます。

迷っている、つまづいている、わからない部分(脚本の細部だけでなく、テーマ探しやキャラ作り、プロット作りやハコ作りなどの基礎部分も)を、課題や解説を通し、丁寧にほぐしていきます。

基本はコンクールに出せる1時間モノを書きあげることが目標ですが、それ以外にも、現場で通用する即戦力を身につける練習もしていきます(企画書の作り方、原作のアレンジの仕方、売り込み方、打ち合わせの仕方、etc)。全12回で教えられるテクニックはすべて教えるつもりなので、新規の方に、ぜひ来ていただきたいと思っています。

ゼミの卒業生で地上波放送デビューを果たした方もいます。一人でも多くチャンスを掴んでください!!