スクール > 研修科 > ドラマ

ドラマ

岡崎由紀子ゼミ (月・夜 18時30分~20時30分)

授業の中心は、それぞれが満足できる一本を書き上げるための、「プロット」→「プロット直し」→「シナリオ」→「シナリオ直し」です。各自がコンクールなど自分の目標を決めて、自分のペースで書いていき、ゼミ生みんなで励まし合いつつ批評し合うというスタイルです。

それと平行して、毎回テーマを決めてのミニシナリオあるいはプロット作りも行っています。また、全員で同じ原作を読んでプロットを作る「課題図書の日」や、発表された受賞作を全員で読んで批評しあう「コンクール批評会」なども行っており、生徒の要望次第で、授業はどんどん変わっていきます。かつては、ゼミで劇団をやろうと盛り上がって、『ケロケロ団』という劇団まで旗揚げしたこともありました!

好きなドラマは十人十色。大感動作を書きたい人もいれば、くだらない作品を必死になって書こうとする人もいます。でもたとえどんなおバカな話でも、形にするためには技術が必要です。私は、それぞれが書きたいと思うテーマをあくまでも大事にして、それをより完成された形にする手助けをしたいと思っています。

宮村優子ゼミ (火・昼 15時00分~17時00分)

授業は「課題」と「創作」、二本柱で成り立っています。「創作」はゼミ生が自主執筆したシナリオやプロットを個別に批評、アドバイスするもので、「課題」は毎回出題するテーマにそって、提出された作品を全員で回覧。その後講義と添削をします。「創作」を主体とした他ゼミにくらべるとやや初心者寄り、基礎科とゼミの間くらいで脚本執筆の訓練をする場、と考えてください。

コンクール審査での経験から、「アイデア(ネタ)をプロットに仕上げてゆく」「キャラクターの作り込み」という過程に、ライター志望者の致命的な力不足を実感しておりましたので、その部分を鍛えることを中心に授業を進めて行きます。

合宿等のイベントはありません。なお、ゼミの連絡、原稿の回覧などはすべてネットを通じて行われます。予めご了承ください。

三上幸四郎ゼミ (火・夜 18時30分~20時30分)

はるかむかし、僕はサラリーマンでした。

大手町にある某都銀に電車で毎日通っていました。たまにもらうボーナスでワープロを買って、平日の深夜や休日にアパートでキーボードを叩いて、いつか シナリオライターになれたらいいなあ、と思いながら過ごしていました。大学を出てから3年間ほどそんな生活をしたあと、会社を辞めて脚本家になりました。それから紆余曲折あったのですが、いままでなんとかやってきています。

そのときの体験をベースに、みなさんにいろいろとお教えできれば良いなあと思っています。初心者向けの10枚シナリオ、公募用の一時間のシナリオの書き方、売り込みの方法......伝えたいことはたくさんありますが、まあ、いちばん大切なのは「書き続けること」です。そのコツについても、いろいろと

尾崎将也ゼミ (水・夜 18時30分~20時30分)

コンクール応募を目指し、1時間ドラマを書きます。テーマ、題材は自由。いきなり脚本を書くのではなく必ずプロットを書くことから始め、プロットも脚本も納得行くまで直しをします。時間はかかっても、発想から完成まで丁寧に指導することを心がけています。どんなペースで書くかは個人の自由。自分の提出作品のない日は必ずしも出席する必要はありません。

武田樹里ゼミ (水・夜 18時30分~20時30分)

頭の中で最高に面白いドラマが出来たのに、書き始めた途端、驚くほどつまらないものになって「こんなはずじゃない!」と叫びたくなることはありませんか。

このゼミでは、それぞれ書きたいもの(基本は1時間ドラマですが10分でも2時間でも可)を個別に添削指導します。その過程で成長を妨げている癖や、弱点を見抜き、それぞれに相応しい課題(キャラクターを深める、テーマを掘り下げる、既存のドラマや映画を分析するetc)を出して、レベルアップを図ります。

今期新設されたゼミなので様子を見ながらですが、他の人を指導している間、お題を出すので「3分シナリオ」を書いてもらうことも検討中です。1,2本しかシナリオを書いておらずコンクールに出す自信がない人、たくさん書いてはいるが上手くいかず基礎力をしっかりつけたい人向けのゼミです。

頭の中のドラマを一緒に再現させましょう!

横田理恵ゼミ (木・昼 15時00分~17時00分)

最終的な目標は、1時間のテレビドラマを書くこととしますが、まずはそこへ行くまでのプロセスを、丁寧にやっていきたいと思っています。また、毎月何かテーマを決め、プロットや短い脚本を提出してもらうつもりです。ゼミの人たちと意見を戦わせ、直しの方向を探ることも訓練の一つですので、恐れずにどんどん書いてきてください。

いとう斗士八ゼミ (木・夜 18時30分~20時30分)

今から三十年程前のことになりますが、シナリオスクールに一年間だけ通っていたことがあります。そこで何を教えて貰ったのか?――正直、覚えていません。プロの脚本家たちが担当する講義は、独学したことの確認に過ぎなかったような気がします。しかし、そこで私の脚本を読み、批評してくれた先生方のことはよく覚えています。「君はプロになれるよ」と根拠のない自信しかなかった私に確かな自信を与えてくれた先生もいれば、「お前は一年後、このクラスの中で一番下手になる。俺はお前の似非ヒューマニストが大嫌いだ」と伸びきった鼻を見事にへし折ってくれた先生もいました。どちらの先生にも今は感謝の想いしかありません。私がどちらのタイプの先生になるのかは、対する人によって変わるのでしょう。しかし、全ての人に何かしらの影響を与えられるような先生になりたいとは思っています。実を言うと、“先生”と呼ばれるのは好きではないのですが……。

目指すべきところは、プロの脚本家の育成です。コンクールで賞を獲ったり、デビューにこぎつけたりするだけでなく、長きに渡り、脚本家として生活していく為の『力』を身に付けて欲しいと思っています。その為に必要なことは、全て伝えるつもりです。共に頑張りましょう。

徳永友一ゼミ (金・夜 18時30分~20時30分)

作品を事前にメールでいただき、マンツーマン指導をします。

ゴールはコンクールに出せる作品を作ること。批評をした作品に関しては形になるまでとことん直してもらいます。

いきなり脚本まで書けない方や構成からじっくり見てもらいたい方は、プロットを書くことも可とします。プロットも同じく批評を受けたら書き直し作業を行ってもらいます。

その他、マンツーマン指導している間は、毎回テーマを決めた1シーンシナリオを持参して頂き、生徒間で批評をしあってもらっています。

国井桂ゼミ (金・夜 18時30分~20時30分)

プロになることを目標に、テーマ選び、登場人物、プロット、構成、シナリオ完成までの一連の作業を細かく個人のレベルに合わせてきめ細かく指導します。

原稿は事前にゼミ生全員に回覧します。マンツーマンの指導も共有することで学びを得られると思います。個別指導の他、新しい企画の発想のために、テーマを決めたブレスト、プレゼンも取り入れます。 また、インプットの仕方、企画書のつくり方、打合せでの心構え、メディアごと(映画・ドラマ・アニメ・小説)の違いなどもお伝えできることはなんでもお話します。どんな小さな疑問でもためらわずにぶつけてください。 コンクール入選のみならず、デビュー、さらには長く書き続けていくことのできる脚本家を目指しましょう!

山岡潤平ゼミ (金・夜 18時30分~20時30分)

それぞれに合ったレベルの指導をしていきます。 どこにつまづいているのか、そこを毎回ヒアリングしたうえで、わからない部分、迷っている部分(脚本の細部ということだけでなく、テーマ探し、キャラ作り、プロット作り、ハコ作りなどの基礎の部分も)を、課題や解説を通し、丁寧にほぐしていきつつ、最終的には、コンクールに出せる1時間モノを書きあげていくことが目標です。

僕自身、デビューはコンクールではなく、売り込みでした。そしてとにかく仕事として書くことで覚えていったので、売り込み方から、現場で覚えた実践的なテクニックも合わせて教えていきたいと思っています。 一人でも多くチャンスを掴み、一緒にドラマ界、映画界を盛り上げていければと思っています。

2019年度秋期受講説明会 第1回9月28日(土)第2回10月5日(土)

資料請求/見学参加のお申し込み

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合