スクール > 研修科 > アニメ・劇画原作

アニメ・劇画原作

岸間信明ゼミ(月・夜 18時30分~20時30分)

アニメーションの脚本は、ギャグもの、ファミリーもの、幼児ものから本格SF、ファンタジー、ホラーなど、さまざまなジャンルがありますが、基本は実写のテレビや映画と同じで、ドラマを描くことの一言に尽きます。そのために必要な基礎と実践的な「直し」への対応などを学んでもらいます。

具体的な進め方としては、アニメのさまざまなジャンルから僕が過去に手がけた作品の世界を借りて(たとえば「ドラ○○○」とか「○○○三世」とか)オリジナル作品を創り、着想の面白さや問題点を話し合っていく形式をとります。

まずは10分~15分の短いものから書き始め、30分のシナリオへ。そして最終的には60分の長編オリジナルにチャレンジしてもらいます。シナリオを描いていて楽しいと思えるゼミにできればと思っていますが――「楽しい」というのは「厳しい」と表裏一体であることをお忘れなく。

また、アニメに限らず、劇画原作や小説など、僕の守備範囲にあるものも、時間内であれば相談に応じます。

富田祐弘ゼミ (火・夜 18時30分~20時30分)

小説、戯曲、実写映画・実写テレビドラマ、ラジオドラマ、アニメーション、マンガ原作など物語(ドラマ)の作り方の基本は同じです。このゼミでは、テーマ(主題)、プロット(物語の組み立て方)、登場人物設定、ドラマの核(対立と葛藤)、魅力あるセリフ、クライマックス、感動を呼び起こす浄化(カタルシス)などの創り方を検討していきます。まずは各人が書いたプロットをみんなで読み合わせ、検討、批評しあい、その作者が推敲を重ねて最終的に脚本として仕上げます。

このゼミはアニメ脚本ゼミとして始まりましたが、受講生の中には実写ドラマや小説や舞台台本やラジオドラマを書いている人もいます。

近頃はマンガの原作がTVの実写ドラマになったり、実写映画になったりしています。【物語作りの基本は同じである】【書くことに夢と情熱を持つ】。そのことを忘れないでください。

藤森いずみゼミ (水・夜 18時30分~20時30分)

○特色

ジャンルは多岐に渡ります。TVドラマ、ラジオドラマ、映画、小説ーー基本はプロットにあります。とにかく、構成力をつけて欲しい。 いいセリフも何も、しっかりとした構成があってこそ光るもの。 この時代、すべてのジャンルがリンクしています。構成ができれば、素材によってジャンルも選べます。 舞台台本を手がけた人や、テレビ、ラジオドラマ(AKBラジオドラマなど)の採用組、ライトノベルではデビューしている人もいます。

○方針

すべて賞にスポットに当てて進めています。 劇画であれば、どんな作品が現場で求められているかなど、ゲストを招くなど計画もしています。とにかく、目先の締め切りに向かって個人作品を完成させていきます。 また、既成のドラマ、名作映画の作品分析をすることも。 毎回の課題としては、テーマを決めて400字2~3枚のショートシナリオを書いてもらっています。セリフの勉強ということで。 お互い刺激し合って向上していけることを願っています(*^^*)

資料請求/見学参加のお申し込み

入力フォーム読み込み中…フォームが表示されない場合