スクール > 日本脚本家連盟 > 連盟の活動内容

日本脚本家連盟の活動内容

著作権擁護 活動

脚本 家から放送権、公衆送信権、上映権、複製権、頒布権について信託を受け、許諾を与えています。連盟の管理著作物は使用料規程及び放送局、映画会社、番組制作プロダクション、有線送信事業者、ビデオレンタル店など1万件を超える契約によって使用料が徴収され、分配されています。
日本脚本家連盟著作権部

福利厚生 活動

脚本 家がより快適な環境のなかで執筆活動を行えるよう、各種保険、年金の加入手続き及び管理、年金の支給、税務相談などを行っています。

教育 事業

連盟存立の基礎となる次世代の 脚本 家を自ら養成する目的で、「日本脚本家連盟スクール」を開設。連盟員が講師の中心となって教育事業を運営し、ジャンルを超えたあらゆる作家を輩出しています。

そのほか の活動

脚本家ニュース(毎月1回)、脚本家年鑑(連盟員名簿と活動報告として毎年1回)、テレビドラマ代表作選集(1年間の秀作ドラマの選集)の販売