1. 著作権信託可能な脚本とはどのようなものですか?

入会について

著作権信託可能な脚本とはどのようなものですか?

ご自身が著作権を持っている脚本であれば、著作権の信託は可能です。著作権は著作物を生み出した時点で、自動的にそれを創った人に権利が発生します。
ドラマの脚本はもちろん、構成脚本にも著作権はあります。 しかし買取り契約等を締結した場合は、著作権を有しないことになりますのでその著作物の著作権を連盟に信託することはできません。また、二次使用の料率などの取決めに関する契約等がある場合も、連盟での使用料を適用できませんので連盟では管理できません。